気になるもの

【Mixamo add-on for Blender】を試してみた

2021-07-26

こんにちは
タラです。

今回は
人型のリギングで有名な
Mixamo”から
発表された
Mixamo add-on for Blender”を
紹介したいと思います。

こちらも、
前回と同じように
アニメーションさせる時に
便利な、リグコントロールを
自動で生成してくれるものに
なります

I-played-with-Blenders-Rigify-on-a-paint3D-model-2
Paint3DのモデルでBlenderのRigifyを使ってみた

こんにちはタラです。今回は3Dモデルを動かす時に便利な”リグコントロール”をセットしてくれる”Rigify”を試してみました。ネット上のたくさんの情報を参考にさせて頂き(._.)”Paint3Dで作っ ...

続きを見る

興味のある方の
参考になればと思います (._.)

Mixamo add-on for Blenderを試してみた

Mixamo”は
人型のモデルに簡単に
リギングと
アニメーションを
セットさせることが出来る
Adobeが提供する
Webアプリケーションです。

自分で用意したモデルや
準備されてあるキャラクターに
様々な”animation”を選んで
ダウンロードすることが
できます。

adobe Aero with Mixamo
【簡単出来る・動くAR】Adobe AeroでMixamoを試してみた

こんにちはタラです 先日はこちらの記事でAdobe Aeroを紹介しました。 今回は、Adobe Aeroに簡単に動くキャラクターを組み込める、Mixamo(ミキサモ)で遊んでみたいと思います。 Mi ...

続きを見る

アドオン”Mixamo add-on for Blender”を準備

では、
さっそくインストール
していきたいと思います。

まずは、こちらの
公式ページから
ダウンロードをおこなって、
Blenderにセットしていきます。

image from Adobe: https://substance3d.adobe.com/plugins/mixamo-in-blender/

ダウンロードが終わりましたら、
Blenderの
編集>>プリファレンス
>>アドオン
とすすみ、
インストール”から
ダウンロードしたファイル
Mixamo add-on-for-Blender”を
選択します。

その後、検索🔎の所で
Mix・・・・”と入力すると
先ほどのアドオンが
見つかります。

”チェック”を入れて
プリファレンスを保存”で
利用できます。

すると、サイドバーに
”Mixamo”のタブが表示されて
利用できるようになります。

中身を見てみると
Create Control Rig:リグコントローラの生成
②Zero Out Rig:アーマチュアは残したまま、キーフレームが全てリセット
③Edit Control Shape:リグコントローラを編集出来ます
④と⑤でモーションをコピー出来ます。

⑥Bake Animation:NLA(ノンリニアアニメーション)で管理
⑦GLTF形式でエクスポート出来ます。

モデルを用意

次にMixamoでリギングされた
モデルを準備してみます。

今回は
Mixamoで用意されている
モデルを使っています。

image from Adobe: https://www.mixamo.com/#/

Mixamoへログイン後
左上の”Characters”と
Animations”から
モデルと
アニメーションを
選べます。

モデルを選んだら
右上の
"DOWNLOAD"から
デフォルトの
FBX Binary(.fbx)”形式で
ダウンロードします。

モデルをBlenderへインポート

Blender側の操作になります。

ファイル>>インポート>>FBX(.fbx)から
先ほどのダウンロードした
ファイルを選びます

ファイルの中には
Hip Hop Dance”と選んだ
アニメーションの名前で
ダウンロードされてます。

ファイルを選択した後に
FBXをインポート”を
選びます

インストールが
終わり、
下のタイムラインの
再生ボタンを押すと

アーマチュアと
アニメーションが
確認出来ます

下右側の
タイムライン終了の数値を
アニメーションの長さに合わせて
「160」と短くしています。

”Mixamo add-on for Blender”を使ってみる

リグコントロールを
使ってみます。

Nキー”でサイドバーを
呼び出して
Mixamoのタブを確認します。

"Amature" を選択した状態で
Create ControlRig”を
選択します。

するとこのように
”リグコントロール”が生成されました。

ポーズモード”で動かしています。
ボーンを一つ一つ選ぶより、
動きをつけやすくなりました。

Tポーズにする時は
リグを選択して、”Aキー”で全選択
ポーズ”>>”トランスフォームをクリア
>>”すべて”を選択すると
Tポーズにすることが出来ます。


もちろん
Animationモードから
キーフレームを打っていく事で

自分の作りたい”animation”を
作る事が出来ます

Challenge-AR-animation-with-Adobe-Aero-and-Blender
Adobe AeroとBlenderでARアニメーションに挑戦

こんにちはタラです。今回は、Blenderで作成した簡単なアニメーションをAdobe Aeroに反映させてみたのでお伝えしたいと思います。先日Twitterで紹介したこちらです。 Qube #Blen ...

続きを見る

最後に

いかがでしょうか?

うまく使いこなすことが
出来れば、
いろいろと便利そうです。

ちなみに
こちらは


Mixamoの
Jumping Jacks
Idle To push Up
Push Up
Push Up To idle
の4つの動きを一つの
ドープシートにまとめ

リグコントローラで
動きを調整して
Adobe Aero”で
読み込んだものです。

NLAが使いこなせれば
もっと簡単に操作できると
思うのですが・・。

まだ先は長そうです。

以上、
Mixamo add-on for Blenderを試してみた
でした。

最後までご覧頂いて
ありがとうございました('◇')ゞ

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

-気になるもの
-,

© 2021 Tara-momon