what-is-the-book-for

Photo by Eugenio Mazzone on Unsplash

BOOK

何のための本なのか



こんにちはタラです

今回は本を読む理由について
自分なりの思うことについて書いてみました

あくまでも私の感想なので
人によっては全然 考え方も違うと思いますが

「へー」

ぐらいに
思って頂ければと思います。

では簡単にみていきたいと思います(._.)

何のための本なのか

自分はバカと知るため

本には色々あります
難しい哲学書だったり文学書
子どもの頃には読書100選とか
おすすめの本が書店に並んだりしてました。

自分は未だに意味が分からず
云々と悩むことがあります。

なんでみんなこんな難しい内容を
理解したり感動したり書くことができるのだろう?

世界中で絶賛とかすすめられていても
全然、感動しなかったり
意味が分からなかったりすることも
あります。

理解できる人
感動できる人
書ける人たちは
なんてみんな天才なんだと
感動したり意味の分からない本に出会うと
そう感じます。

だからすごい本に出会えたときは
自分はバカである事を思い知らされ、
そんな作品を書けたり、理解できる人を尊敬し
話しかけるだけでもバチが当たるだろうから
決して邪魔だけはしないようにと
心に誓うほど、感動します。

自分が何も知らない事を知ることは
卑屈になるのではなく謙虚
傲慢ではなく探求心を呼び覚まし、
いくつになっても世界の広さを思い知らされます。

心の養分・栄養のため

身体の病気には薬や治療方法がありますが
心の病気には本が養分となり助けになってくれます。

読んだ本の題名や作者は覚えていなくても
感動した言葉や心に刻まれた言葉は
不思議といつの間にか自分の中に根を張って
心の支えとなってくれています

有名な名言に

私は、自分がこれまでに読んだすべてのものの一部である
”I am a part of everything that I have read.”

アメリカの第26代大統領: セオドア・ルーズベルト

といった名言があります。

まさにその通りで、
本を読む理由は、
自分を支えるためにも必要です。

また、逆にネガティブな言葉が
並んだ本は
気を付けるようにしています。

有名なマザーテレサの言葉に

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words.

言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
Be careful of your words, for your words become your deeds.


行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
Be careful of your deeds, for your deeds become your habits.

習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
Be careful of your habits; for your habits become your character

性格に気をつけなさい。それはいつか運命になるから。
Be careful of your character, for your character becomes your destiny.

マザーテレサ

といった名言があります。
否定的な言葉や攻撃的な言葉が並んだ本ばかりで
思考が固まってしまわないよう気をつけたいです。

心が弱っている時は特に
そちらに引っ張られてしまいがちです。 

心が弱ると体も影響を受けてしまいます。
ポジティブな本や心が穏やかになる言葉が
並んだ本は自分の心を
守ってくれている気がします

自分の世界を広げるため

古今東西、世界中の知恵のある人たちの言葉が
本にはつまっています。

長く読み継がれてきた古典はもちろん
知らない世界や
感動する話
考えさせられる話
風景や表情、声さえも想像しながら、
自分のペースで
本は楽しむことが出来ます。

実際に会うことはなくても
物語に出てきた人物が友達になることも出来ますし
著者の考え方を今にあてはめてみたり
普段の生活だけでは巡り合わない世界が広がります

人は周りにいる人の平均となると聞きますが
本を読む人は本の世界が平均になります

夢をかなえるゾウ2”では

「仕事、お金、人間関係、幸せ…… 人間の悩みなんちゅうのはいつの 時代も同じや。
そんで本ちゅうのは、これ まで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するために
ずっと昔から作られてきてんねんで。
その『本』でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん?
自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん? 自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」

水野敬也. 夢をかなえるゾウ2 (p.54). 文響社. Kindle版より


というセリフが出てきます。

本を読む事で自分では思いつかない
答えにたどり着くことが出来るのではと思います。

今の自分に必要な知恵を見つけられるのは
答えを探そうとした人だけ、
藁をもつかむつもりで答えを探そうと
世界を広げる事が出来る人だけが
必要な知恵を見つけることが出来るのでは気がします。


最後に

いかがでしょうか?

簡単に3つ思う事を書いてみました
人それぞれ、いろんな理由があると思いますが
自分自身にとっては多分、前に進むために必要な要素な気がします。

今は
わずかな費用で本が読めるようになりました。
世界には本もネットも
制限されてる人たちもいます。

少し前まで、 日本でも
権力者かお金持ちしか本は読めなかったものですし
自分自身も少ないお金で読みたい紙の本を探してました。

いい時代になりました 。

以上、短いですが
何のための本なのか 」でした。

最後までご覧頂いてありがとうございました
では('◇')ゞ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村







-BOOK
-

© 2022 Tara-momon