the-sandbox-using-voxedit-to-create-an-avatar

Blender NFT/ゲーム

【The SandBox】VoxEditを使ってアバターを作ってみる

2021-12-25

こんにちは
タラです

今回は The SandBoxからダウンロードできる
VoxEditを使ってアバターを作りに挑戦してみたので
紹介したいと思います。

ブログを書いてる本日時点では
クリエイターファンドに登録できている方だけが
VoxEditで作成した作品をメタバース内で反映させたり
SandBox内で販売できるのですが、

ゲームメーカーで作った
自分のワールドであれば遊ぶことや
OBJ形式GLTF形式などでエクスポートすることが
出来ます。

先日Tweetしたこちらのように
Blenderと組み合わせて
遊ぶこともできます(^・^)


Vox Editはボクセルな3D作品をつくることが出来る
無料のソフトです。

ゲームを作ったり遊んだりできる
ゲームメーカーは本日時点MacOSには対応していませんが
VoxEditはMacOSにも対応しています

The SandBoxのメインページから
サインインしなくてもダウンロード出来ます。

vox9-
参照: TheSandBox Vox Edit

VoxEditに用意されているテンプレートには
たくさんのアニメーションが用意されてるので
今回は
そちらを使ってみました。

今回お伝えする内容としては

ポイント

  • テンプレートを新規アニメータにインポート
  • モデルを用意
  • 各パーツごとに分解して保存
  • アニメーションに影響しないパーツのみを交換
  • アニメーションの調整やサイズ、位置の調整
  • エクスポート

といった流れになります。

基本的な操作方法や
VoxEditって何?という方は
こちらを参考にして頂ければ。

the-sandbox-i-made-slime-with-voxedit-
[The SandBox] VoxEditでスライム作ってみた

こんにちはタラです今回はVoxEditを使った3D作品の作り方を簡単に紹介できればと思います('ω')ノ 先日ツイートしたこれですね。 なぜかスライムです😃#ドラクエ#VoxEdit ...

続きを見る

nft-game-play_with-_the-sandbox-
【NFTゲーム】 ”The Sandbox” で遊んでみた

こんにちはタラです今回も”The Sandbox”についてお伝えしたいと思います。前回の記事ではアカウントを作成してLANDを購入するまでお伝えしました。今回は少しだけですが ポイント メタバースを探 ...

続きを見る

ボクセルなアバターを作ってみたい

アニメーションを簡単に作りたい

といった方の参考になればと思います。
では、さっそく見ていきたいと思います(^^)/

VoxEditを使ってアバターを作ってみる

テンプレートをインポート

■VoxEditを起動させると
左側メニューから下の画像のように
たくさんのテンプレートが
最初から用意されています。

そのままテンプレートを使いたい所ですが
アニメーションがロックされています。

そこで、
一旦画面左上のホームボタンから
最初の起動画面に戻ります。
テンプレートは保存しておきます。

アニメーター新しいASSETを作成と進み、

骨格のRoot左側の●が3つ並んでいる所ををクリックし
インポート階層(VXR,VOX)を選択。

先ほど保存しておいた
テンプレートを選び、OPENをクリック

すると、
先ほどはなかったタイムラインが表示されました

アニメーションを上書き
出来るようになりました。

右下のタイムライン横から
アニメーションを新規に追加したり
編集することも出来ます。

もちろん
モデルの各パーツ横のペンシルマークから
モデルに色をぬったり、形を編集も可能です

ここまでの方法で
オリジナルの動きをつけたアバターを
作ることが出来ます(^^)/

モデルを用意

今回自分はタヌキのモデルを別に用意して
テンプレートの体のパーツを交換しました。

Blenderで大まかな体の形をつくり、

前回のこちらの記事で紹介させて頂いた
MagicaVoxcel経由でVoxEditにインポートしました。
下の画像は
VoxEditのモデラーを起動させて
インポートした状態です。

voxel-assets-for-the-sand-box-in-blender
The Sand BoxのボクセルアセットをBlenderで作ってみた

こんにちはタラです 今回はBlenderで作った3DモデルをSandboxでも利用することができたのでお伝えしたいと思います内容的にはこちらの記事の続きでSandBoxのボクセルアセットを作る様子にな ...

続きを見る

パーツごとに切り分けて保存

各部位ごとに切り分けて
保存していきます。

途中、形がおかしい場所を編集したり
タヌキらしくなるように
色をつけたりしています。

パーツを組み合わせて
アニメーションを新しく作ることも出来ます


もちろん、
Blenderを使わなくても
MagicaVoxcelで新規作成したものや
VoxEditだけでも作れます。

パーツを交換・編集・位置の調整

アニメーションが編集できるようになった
先ほどのアニメータファイルに
交換したいパーツを
画面右側のライブラリに
読み込んでパーツを交換していきます。

交換したい部分にドラッグし
編集画面からピボットツールを使って
位置を合わせます。

位置を確認しながら
編集を行っていきます。

途中ボクセルを追加したり
色を編集したりと何度も調整していきます

用意したパーツの全部は使わず
アニメーションに影響する
Left_ArmRight_Arm
Left_ThighRight_Thighは置き換えずに
編集して利用しています。

パーツの編集や調整を行って
完成です(^^)/

作業の様子をYouTubeにUPしました。
解説はほとんどありませんが、参考にして頂ければ。
速度は1.5倍速にしています。

エクスポート

完成すれば
ファイル⇒エクスポートから
様々な形式でエクスポート出来ます。

先日紹介した自分のワールド内で
アバターとしても動かしてみます。

TheSandBox_metaverse_NFT
【The Sand Box】メタバースにNFTを表示させる

こんにちはタラです今回はNFT作品をThe SandBoxのメタバース内に飾ってみたので紹介したいと思います。最近はメタバースというワードをニュースなどで聞くことが多いです。いわゆる電子上の仮想空間の ...

続きを見る

マーケットプレイスに
エクスポートした後に

ゲームメーカーを起動させて
GLOBAL PARAMETERS”⇒”Custom Avater”とすすみ
登録したアバターを選択します

Playを押して、動かせます。
再度編集画面に戻る場合は、”tabキー”です(^_^;)

なかなか動いてます。

登録されてあるアニメーションごとに
ピボットツールで位置を調整しています。

微妙に位置がずれてますが、
動きました (^^)/
尻尾はまだありませんが、
タヌキのつもりです。

最後に

いかがでしょうか

他の作成方法や
VoxEdit自体も今後も
バージョンアップするので
操作方法なども変わってくると思いますが
参考になればと思います。

ちなみにVoxEditで作成したものを
Blenderで利用する場合
GLTF形式でエクスポートすると
アニメーションもエクスポート出来ます。

その際、アニメーションは 1つだけを
デフォルトに設定”で選ぶことが出来ます



Blenderにインポートし
走るアニメーションがループするようにコピー

ICO球を回転させて
他アセットと組み合わせて出来たのが
先日Tweetしたものになります。

ボクセル風なものを色々と作れると
なかなか面白いですね(^_^;)

BlenderSandBoxもどんどん進化していきますが
おいて行かれないよう
精進していきたいと思います。

以上
【The SandBox】VoxEditを使ってアバターを作ってみる」でした。
最後までご覧頂いてありがとうございました

興味があるかたの参考になればと思います
では ('◇')ゞ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村





-Blender, NFT/ゲーム
-, , , ,

© 2022 Tara-momon