playing_styly

気になるもの

【簡単出来る・動くAR】STYLYのARで遊んでみた

2020-11-26

こんにちはタラです。
前回、
STYLYでARマーカーを作ってみた】を
紹介しました。

Stylymain
【簡単出来るAR】STYLYでARマーカーを作ってみた

こんにちはタラです。今回はARマーカーを作ってみたので紹介したいと思います。ARマーカーとはスマホのカメラ等で読み込むとアプリが立ち上がり様々なデジタルコンテンツを表示させることが出来る画像データです ...

続きを見る

たくさんの方に見て頂いて
ありがとうございました (._.)

今回は、その続編で
前回作ったシーンに
手を加え、動きを加えてみたので
紹介したいと思います。

  • STYLY”にある環境アセットを選ぶ方法
  • Mixamo”を利用する方法
  • Sketchfab”を利用する方法

の3つです。
モデリングの知識も
プログラミングの知識も
必要ありません。

簡単に動かす方法はないの?

違うものを簡単に作ってみたい

といった方の参考に
なればと思います。

STYLYのARで遊んでみた

初めてこちらのブログを見られる方に
軽く前回の内容を紹介しますと、
前回は”STYLY”を利用して
こちらのARマーカーを利用して
クリスマスカードを作りました。

STYLY_marker3

ARに対応したスマホや
タブレットなどで読み込むと
STYLY”が起動して
AR表示させることが出来ます。

STYLY Mobile
Google Play
App Store

紙などに印刷して
簡単にみんなと
楽しめます (^^)/

STYLY”にある環境アセットを選ぶ

style front2
STYLY

ではさっそく
前回紹介したシーンを
利用して動きを加えたいと
思います。
画面は”Windows10”での
操作になります。

まずは
ログインしたら
画面右上の
STUDIO”から
前回のシーンを選びます。

Copy Scene”で作品をコピーして
Edit on Studio”を選び編集します。

以前のARマーカーを
そのまま使いたい場合は
以前の作品の
Edit on Studio”を選びます。

今回はコピーを
したものを編集して
作りました。
まずは
編集画面の左側から
Surprised Santa”と
トナカイの”olen”を
削除しました。

次に、画面左側の
青い〇で囲んだ
ファイルのアイコンを選びます。
したの画面のようになるので
右下の”Lab”を選びます。

いろいろなアセットがありますね。
今回はこの中から、
The ground where the season changes”を
選びました。

上のバーで季節感を
下のバーで草花の量を
変更することが出来るみたいです。

今回はバーを一番左側に
動かして、雪景色にしてみました。

Mixamo”を利用する

次に”Mixamo”を利用して、
サンタに動きをつけたいと
思います。
Mixamo”はこちらの記事でも
紹介しましたが、

adobe Aero with Mixamo
【簡単出来る・動くAR】Adobe AeroでMixamoを試してみた

こんにちはタラです 先日はこちらの記事でAdobe Aeroを紹介しました。 今回は、Adobe Aeroに簡単に動くキャラクターを組み込める、Mixamo(ミキサモ)で遊んでみたいと思います。 Mi ...

続きを見る

"Adobe"提供の無料サービスです。
人型のアセットであれば
簡単に動きをつける事が
出来ます。

最初に
Google”の”Poly”から改めて
Surprised Santa」を
ダウンロードします。

Poly.mainpng-コピー2
Google”Poly”

santa”と入力して
Surprised Santa”を選びます。
右下のダウンロードから
オリジナルのOBJファイル”を
選んでダウンロードします。

クレジット表記が
必要なので
下の内容を
メモアプリなどにコピーしておきます。

Credit

Title: Surprised Santa
Author: Matt Connors
URL: https://poly.google.com/view/3Q7goR4wcNE

次に、ダウンロードしてきた
ファイルを
Mixamo”ログイン後の
UPLOAD CHARACTER”から
下の画面のように
ドラッグします。

Mixamo”は無料で利用できます。
Mixamo:https://www.mixamo.com/

下の画面のように
色の付いた”〇”を
それぞれの
関節に移動させて
NEXT”を選びます。

自動でリギングを
行ってくれます。

無事にリギングを行った後は
画面左上の
Animations”から
動きを選びます。
今回は
Notjern Soul Spin”を
選んでみました。

ちなみに
リギングを行ったあとに
サンタが地面に
埋もれてましたが
”Animation”を選ぶと
ちゃんと表示できました。

画面右上の”DOWNLOAD”から
動きのついたサンタを
ダウンロードします。

上の画面の選択で
大丈夫です。

ダウンロードが終われば
STYLY”の操作に戻ります。
シーンの
編集画面に戻ります

select item_LI

アセット選択画面から
3D MODEL”→”My Models & Upload”へと進み、
Select”から先ほど”Mixamo”からダウンロードした
ファイルを指定します。

アップロードが終わって
しばらく待って更新してみると
無事に下の画面のように
サンタが反映されました。

サンタを選んで編集画面に
戻ります。

サイズが小さすぎたり、
大きすぎたりすると思いますが、
画面左側のアセットの項目から
サイズを調整したい
アセットをダブルクリックして
サイズを調整します。

画面右側の”Scale”を選んだあと
数字を直接入力します。
数字もダブルクリックすると
直接入力出来ます。
X軸・Y軸・Z軸にそれぞれ、
70”と入力しました。

Sketchfab”を利用する

次に、
Sketchfab”から
アニメーションがついてある
トナカイを探したいと
思います。

Sketchfab”とは”Poly”と
同じように世界中の
クリエイターの方たちが
作った3Dデータが
大量にストックされています
Polyとは違って売買も出来ます。

アカウント作成は無料です。
Sketchfab: https://sketchfab.com/nagasaki_3d_museum/models

Sketchfab

Sketchfab”とは3D、VR、ARコンテンツを
公開、共有、売買するためのプラットフォームである。
3Dモデルをウェブ上で表示することや
モバイルブラウザ、デスクトップブラウザ、
バーチャル・リアリティヘッドセットで
閲覧ができるWebGLとWebVRを基にしたビューアを提供している。

Wikipedia:sketchfabより

無料のものも
たくさん置いてあります。
見るだけでも、
勉強になりますね (._.)

アカウント作成後、
画面左上の”EXPLORE”から

英語でトナカイの意味の
reindeer”と入力します。

ダウンロードが可能なものを
選んでくれる”Downloadable”と
アニメーションが付いたものを
選んでくれる”Animated”に
チェックを入れます。

すると良さそうなのがありました。
ちなみに画面右上に”$”マークが
ついたものは有料です。

アセットを選択したら
左側の”Download 3D Model”を選んで
gltf”形式でダウンロードします。

クレジット表記用に
以下のような内容を
メモアプリなどに
コピーしておきます。

Credit

Title: Reindeer Happy Animation
Author: tori1243
URL: https://sketchfab.com/3d-models
/reindeer-happy-animation-
d82036a0b7b64cc59b2889882fad0a7e

ダウンロードが完了したら
先ほどのサンタと同じように
”STYLY”へアップロードします

STUDIOに配置してみると
サイズがかなり大きかったので
サイズを
X軸「0.03」Y軸「0.03」Z軸「0.03」
に変更しました。

後、ついでに雪だるまも
”Sketchfab”から
ダウンロードしました。

位置を調整して
完成したら、画面左上の
地球のようなアイコンを押して
Go to publish」を選びます。

画面右側の
"Description"へ
コピーしておいた
クレジットもここで
記述します。

最終的に出来たのが
こちらです (^^)/

まとめ


いかがでしょうか?

いずれも、無料で
画面の操作だけで
簡単に
出来てしまいます。

STYLYの中の
Lab”の中のアセットも
まだたくさんあるので、
興味のある方はぜひ遊んでみては
いかがでしょうか?

今回作ったものは
画面下のリンクから
ARマーカーをダウンロードしたり
WEB上で見る事も出来ます。

STYLY

STYLY Mobile
Google Play
App Store

次回はまた、
Amazonプライムの無料本を
紹介したいと思います。

以上、
【簡単出来る・動くAR】
STYLYのARで遊んでみた

でした。

最後までご覧頂いて
ありがとうございました (^^)/


-気になるもの
-, , ,

© 2021 Tara-momon